去年は北海道長期滞在

去年の計画停電の実施の頃、こどもたちがまだ集団生活を開始する前でした。

計画停電がはじまって、夜の時間帯の計画停電はやっぱり寒いし真っ暗だし
どう考えても子供たちは4時間は、耐えられないだろうなと言うことで、
北海道のパパの実家で、2週間ほどお世話になっていました。

最初はパパも3日くらい一緒にいてくれたんですが、仕事の関係で長期滞在は難しく
あとの約2週間は、わたしとこども達で少し気まずさもあったけどお世話になることに。

どうやっても夜の計画停電は避けられないし、6時から10時まで真っ暗なのは
こども達が絶対泣いたり大変だろうなと思い、やむを得ない状況でしたね。
わたしの実家も埼玉なので、結局同じ計画停電だったので、少し移住するのも無意味。
そうおもい、苦渋の決断で北海道行きを決めましたね、去年。

しかし、旦那さんのご両親は優しくて気づかいのできる二人なので暖かく迎えてくれました。
大変だったね、何年でもいてもいいから!なんて冗談も言ってくれるほどでした。
旦那さんの妹も仲良しなので、仕事は終わるとたまに遊びに来てくれたりしました。
週末や休みの時は車を出してくれて一緒にこども達とお出かけしてくれたり。
買い物にもどこへ行くにも車がないと何も手に入らない田舎なので、いつも車を出して
付き合ってくれました。
3月下旬だったのに大雪で辺り一面自分の身長ほどの雪が積もっている状況でした。
自転車に乗る人も見かけないしベビーカーを引く人さえいなかったですね。

その当時免許もなかったので、ご実家の車を借りる事もできなかったので本当に大変でした。
遊びたい盛りなのに外は大雪で、遊べる状況ではないということ。
近くのスーパーへも借りたベビーカーで積雪の中、頑張って歩いて行っていました。
どのくらい滞在するかを決めないで、北海道へ行ったんですが、計画停電も最近見送りが
多くなってきたと聞いて、2週間くらいで帰宅になりました。
本当に義理のご両親にはお世話になりましたね。あの頃が懐かしいです。

This entry was posted in 日記. Bookmark the permalink.

Comments are closed.