待機児童問題

近年でも子供の待機児童問題って解決されていないものなんですねー。

私の市は待機児童数ゼロを目指している地区で去年3園大きな保育園が開園されて
わたしの子供達は見事にそこの新しい園に入園できました。
今も元気に通っています。

そして最近になってまた新たに近くに保育園が出来て更に少し離れた場所にも
2箇所保育園が完成しました。
この地区は本当に口だけではなく本当に待機児童数ゼロを目指している地区なんだなと
深く感心しました。

都内では待機児童数は高い所では500人などあったりするので本当にここの地区は
恵まれているなぁと思いました。

田舎へ行くほど、待機児童は結構減る印象ですが、都会で便利な場所ほど待機児童数は
高くなるんですよね。
うまいことできているなーって思います。

この待機児童があるということ自体がそもそも間違っているような・・・。

子供が小さいから働きにでて稼がないといけないのに、預ける場所がないから働きに行けない。
悪循環ですよね。矛盾しているような?
しっかりパートでも働いて少しでも家計の足しにしたいから保育園の力が必要なのに・・・。

認可保育園に入れない場合は、無認可保育園または認証保育園に預ける事になります。
無認可や認証の保育園は保育料が高いんですよね。
0歳児など8万円くらいするところもあります。
1歳児でも7万円くらいだったり・・・。3歳以上になると少し安くなってきますが。
それでも345歳でも平均4~5万はかかってしまいます。
パートで時短で働くとなると本当赤字になりますよね。

そんな間違った状況を日本は早く直して欲しいです。
待機児童数ゼロを目指してもっと保育園を増やしたり、託児所完備の会社を増やす。
そのくらいはもっと動いて欲しいものです。

This entry was posted in 日記. Bookmark the permalink.

Comments are closed.