男がメス化し、女がオス化する現代とは?

アメーバニュースに「メス化する男子」と「オス化する女子」についてのコラムがありました。
ここ数年の間にスイーツ男子や草食系男子やヒゲ女子といった、性別とは相対する言葉が付けられた造語が増えました。
メディアが騒いでいるだけかと思いきや、どうやらホルモンバランスの崩れによって起こる現象のようです。

■男性がメス化する原因
我が旦那にはその要素が全くないような気がしますが、いくつか当てはまっているものがありました。
でも、全然メス化していません。
メス化されても困りますが…。

男性ホルモンが低下するのは、生活スタイルに問題があるようです。
毎日同じように過ごしていれば問題ないのですが、日々変化していると体内で分泌されるホルモンが狂ってくるのです。

運動する機会がない上に睡眠時間が確保できない。
更に、太陽光に当たる機会が少なくて趣味がない。
私が思うに、こういう男性はIT関係に多いのではないかと思ってしまいました。

私の旦那にはどれも当てはまるのですが、人と正反対の時間に生活していても毎日働く時間は決まっています。
太陽嫌いですが、買い付けに行かなければならないので嫌でも浴びます。
特別な運動はしていませんが、買い付け時に荷物の上げ下げを行っています。
趣味は特にないけれど、私が日々楽しませています(笑)。
非常に完璧なのではないかと思います。

■女性がオス化する原因
子どもの頃から、夕方くらいになると頭は脂臭くなる方でした。
いつの頃からか、ヒゲらしきものも生えるようになりました。
確実にオス化している私。

加齢によるものだと思っていましたが、単に女性ホルモンが減っているだけのようです。
しかし、原因になるものが1つしか当てはまりませんでした。
それはすぐにイライラすることです。
それ以外は全く当てはまりません。

私の周りの独身女性に多いのですが、大酒飲みで睡眠時間がバラバラでスキンシップが全くないという人達がいます。
見た目は女性らしい感じが残っているのですが、総合して考えると完全なオス化なのかもしれません。

どうすればいいのかというのは愚問で、原因となるものを排除するしか方法はありません。
個人的に面白いなと思うのは、男性がメス化して女性がオス化しても惹かれあわないということです。
男性が本来のオスのままで女性が本来のメスのままである場合は惹きつけられるのに、逆の現象が起こると惹かれあわないのはどうしてなのでしょうね?

This entry was posted in 日記. Bookmark the permalink.

Comments are closed.