まるでナースのように優しい笑顔でサービスをしてくれる、そんな風俗嬢との体験談です。

難なく2度抜きする痴女なデリヘル嬢

痴女な風俗嬢を相手にエロいことを楽しませてもらいました。痴女デリヘルに在籍の人で、痴女は痴女でも巨乳な痴女です。予想はできましたが、案の定その巨乳を使っても責められました。プレイ始まって最初からムスコはデリヘル嬢に擦られている始末です。下着越しのものですが、アソコで亀頭をくすぐってきます。その際に巨乳をこちらの顔に押し付けながらのもので、さながら巨乳を使った顔面騎乗といった体勢でした。顔を圧迫する柔らかい感触と、亀頭をアソコの柔肉で擦られる快感の同時責めです。これにはガマン汁が漏れ出さないはずもなく、こちらの腹のあたりも次第にヌラヌラビチャビチャとしていました。こちらが堪らなくなった頃を見計らって、今度はムスコをお口で責められます。手でタマ袋をいじられながらのもので、こちらも耐えようがありませんでした。ほとんど暴発気味に精をもらした後は、しつこいほどのお掃除フェラです。これもあまりにも気持ちいいもので、しっかり復活させられてしまいました。今度はパイズリで責められて、難なく2発目も抜かれてしまいました。さすがは痴女風俗嬢だけあって、しっかり連続で抜いてくれたわけです。

投稿日:2016年10月13日

しおらしく潮まで吹いちゃう上品デリヘル嬢

素人風俗店で相手をしてくれたのは、和風美人な人でした。しおらしいとかたおやかなとか、そんな言葉が似合う人です。清楚タイプの風俗嬢と言えば分かりやすいでしょうか。デリヘルから来てくれた人で、プロフィールによれば普段は生け花の先生だということです。まだ30代の人ですから、プロフィールを信じるのであればかなりのレベルの人なんでしょう。その手を見るとなるほど綺麗なものですから、ムスコを愛でてもらうことを想像すれば、それだけで勃起させられてしまいました。どんな風に愛でてもらったかといえば、繊細な動きでさわさわと刺激してくれました。ただの手コキではなく、撫でてみたりくすぐってみたりといろいろなものでした。手を使っての責めだけで張り裂けそうになるくらいに、怒張しちゃいました。そのままで終わってしまうのも嫌なんで、今度は攻守交代でこちらが攻めます。汁っ気の多いデリヘル嬢で潮まで吹いちゃう人でした。とっても上品そうな人なのに、お股のほうはゆるいギャップが堪りません。スイッチが入れば激しく求めてくる人だったんで、なかなか濃厚な風俗プレイが楽しめました。